ホーム矢印乳歯列期の対応と治療

乳歯列期の対応と治療

乳歯列期の対応と治療

乳歯列期の対応と治療

列期で最も重要なことは、永久列に必要十分な大きさのアゴを育てることです。もし、小学校入学時に下の前が重なって生えていたら、拡大床(床矯正装置)による上下のアゴの育成を図るべきで、これにより将来の抜矯正を回避でき、アゴずれのリスクも少なくなると考えます。また、生活習慣にも注意すべきで直接アゴずれの原因にもなる様々な態癖(うつぶせ寝・頬づえなど)を早期に改善し、健全なアゴの発育に関係する食事時の姿勢や食事そのものにも注意が必要です。拡大床、態癖、食育科など

詳しくはこちら

ページの先頭へ