ホーム矢印混合歯列期の対応と治療

混合歯列期の対応と治療

混合歯列期の対応と治療   

合歯列期の対応と治療

混合歯列期とは、乳歯と永久歯が混在している時期のことでおおよそ小学生の時期です。この時期でも重要なことは、乳歯列期と同様で永久歯列に必要十分な大きさのアゴを育てることです。むしろ、この時期にいかにアゴを育てられるかがその後の重心バランスの安定に関係してきます。つまり健康長寿に関与してくるといっても過言ではありません。この時期(小学生の時期)に、前歯に叢生(乱杭歯)が見られたら、できるだけ早く歯科矯正を始めるべきです。永久歯列になってから、歯を抜いて矯正することのないように!抜いてもいい歯(無駄な歯)など1本もないのですから。また、この時期は特に生活習慣にも注意すべきで直接アゴずれの原因にもなる様々な態癖(うつぶせ寝・頬づえなど)を早期に改善し、健全なアゴの発育に関係する食事時の姿勢や食事そのものにも注意が必要です。

拡大床  態癖  食育歯科 など

詳しくはこちら

ページの先頭へ